先日、防災グッズとして携帯型除菌スプレーが必須という報道がありました。そこであらためておススメなのがイーダッシュの携帯サイズ。いざというときの備えはもちろん、外出先で突然の災害に遭ったときの備えにもなります。

スプレータイプをおすすめする理由

災害発生時は水が出ない、たくさんは使えない…ということを想定しなければいけません。普段の生活でしたら石けんと水洗いで十分ウイルスを除去できるとは言われています、しかし、そうできない時におすすめなのが除菌スプレー。

除菌グッズとして、スプレータイプ、シートタイプ、ジェルタイプいろいろありますが、一番応用が利くのがスプレータイプです。

スプレータイプは衣類やモノに吹きかけて除菌ができます。

ジェルは手指にはとても便利ですが、他のものは塗布しにくいです。

シートタイプも便利ですが、シートの分かさばる。というのと、長期保存の面で少し心配です。除菌シートをもらったけれど、未開封だけどしばらくたったら、乾燥してしまっていた、ということがよくありませんか。スプレータイプを持っていればティッシュやキッチンペーパーに含ませて拭くこともできますので、やはりスプレータイプが一番応用がきくかと思います。 

いざというときに備えるときは、長期保存できるもの

備えあれば憂いなしとはいいますが、備えていたのにその時になったら使えなかったということが無いようにしたいものです。先程も除菌シートの例を挙げましたが、いざ使おうとしたら、乾燥して使えなくなっていた等。

アルコールの使用期限は3年。開封後も使用期限までは使えるということですが、揮発性があるため、量が減りやすいことい気を付けなければいけません。製造会社がボトリングしたものでしたら、3年後もそのままかもしれません。しかし、ご自分で携帯用にと詰替えしたときは、ちょっと気を付けたほうが良さそうです。また引火性があるというのも気を付けるべきポイントです。

イーダッシュの使用期限は2年が推奨です。それを越しても、しばらくは大丈夫です。ノンアルコールの成分なので揮発のスピードはアルコールに比べるとゆっくりです。また引火性もないので、安心して保管していただけます。

いってもいろいろなウイルス・菌があるので応用力のあるものを

昨今は新型コロナウイルスの流行もあり、その対策にばかり目が行ってしまいますが、いざというときは、今すぐかもしれませんし、2-3年後かもしれません。そのときにどのような感染症が流行っているか。できるだけ多くのウイルスに対応できるような除菌剤を防災グッズに加えることが大切かと思います。

アルコールはエンベロープウイルスタイプの「ノロウイルス」には効果がありません。(※効果があるというタイプもありますが、アルコール以外のものが添加されています)

イーダッシュは、ノロウイルス、インフルエンザ、SARSなども含めて13種類のウイルス・8種の菌に対して不活性化の効果があるというエビデンスを取得しております。

応用力という意味では、イーダッシュは除菌だけでなく消臭効果もあります。

災害が起こったときに起こること→電気、ガス、水道が止まる→お風呂に入れないなど不衛生なことが発生します。このことは阪神淡路大震災、東日本大震災のときに報道されていたのでご存じの方も多いかと思います。衛生だけでなく、臭いも抑えられるイーダッシュ。いろいろとストレスの多い非難生活で、ニオイのストレスを軽減します。

イーダッシュの携帯できるサイズは3種類

イーダッシュはあらゆるシーンを想定して5mlからのサイズをご用意しております。こちらは、たぶん日本で最小のスプレーボトルだと思います。ポケットにも入れても全く邪魔にならないサイズで、全長約8cm弱。30プッシュできます。

それよりも持ちの良いのが20mlサイズでこちらは約130プッシュ。持ち歩きにもかさばらず、詰め替える手間も少なく、持ち運びに便利なサイズ。

防災グッズとなりますと家族分を用意する場合、例えば4人家族で…

イーダッシュ 20mlx 4個 =80ml
他の消毒スプレー 80mlx 4個 =320ml

少しの差が大きな差となります。イーダッシュの小さなサイズなら防災グッズの入れ物にも無理なく収納でき、重量といった点からもおすすめです。