効果があるのはもちろん、モノを痛めることなく人にもやさしいということは、毎日使うものだからこそ大切な要素となります。イーダッシュを詳しく説明します。

  1.  iidashのメカニズム(作用機序)
  2.  iidashの安全性
  3.  iidashの高水準な除菌力

1.iidashのメカニズム(作用機序)

イーダッシュの有効成分は、主に食品脂肪酸と食品乳化剤から構成されています。

有効成分(BV4)はそのままだと分子同士がくっついて、大きな塊となってしまっています。それを乳化剤を加えることにより、エマルション(分子がバラバラ)の状態にします。

バラバラになった有効成分が、ウイルスや細菌の表面に接触して、その膜構造を破壊し、不活性化させます。

エンベロープウイルスの例

例えば ウイルスになりますが、エンベロープウイルスとノンエンベロープウイルスの2種類のタイプがあります。エンベロープウイルス(ex. インフルエンザ、SARS)は脂質二重層の膜で覆われており、その膜を破壊すればよいので、比較的簡単に死活化できます。

しかしノンエンベロープウイルス(ex. ノロウイルス)はその膜がないため、アルコールでは死活化できません。イーダッシュはノンエンベロープウイルス(ノロウイルス)にも効果があると実証済みです。

BV4とアルコールの違い → BV4はノンエンベロープウイルスの殻を破壊し不活性化することができる。

2.iidashの安全性

イーダッシュは、厚労省、およびアメリカ合衆国FDA(食品・医薬局)で認定されている食品及び、食品添加物を主な原材料としています。

人体に対する安全性は専門機関・ユーロフィンズPSLラボ(米国)において試験され、米国環境保護庁基準「EPA」基準値以上の水準値で、その安全性が確認されております。

■ 安全性データ

急性経口毒性 … LD50>5,000mg >> カテゴリー4

急性吸入毒性 …LC50>2.01㎎/L >> カテゴリー4

急性皮膚毒性 …LD50>5,000㎎ >> カテゴリー4

皮膚刺激性  …Sligtly Irritating(わずかに刺激) >> カテゴリー3

皮膚感作性  …No Skin Sensitization(皮膚感作なし) >> カテゴリー4

目刺激性   …Slightly Irritating(わずかに刺激) >> カテゴリー4

※上記カテゴリーはEPAの基準に基づく(カテゴリー3以上が安全とされています)
※GHS適用のためのOECDガイダンスではBV4の急性経口毒性地は区分5よりもさらに上の区分に分類されました。
※イーダッシュの成分BV4(100%)で試験しております。イーダッシュはBV4の成分が0.5%となりますので、より安心してお使いいただけます。

 3. iidashの高水準な除菌力

13種類のウイルス(ノロウイルスも含む)、8種以上の菌で効果を確認しています。

>>> 試験データ集あり

■効果が実証されたウイルスおよび菌

ウイルス種

・弱毒性豚インフルエンザH1N1
・強毒性鳥インフルエンザH5N1
・弱毒性鳥インフルエンザH5N3
・インフルエンザA型
・SARSウイルス
・HIV(エイズ)ウイルス
・HSBV(ヘルペス)ウイルス
・ノロウイルス
・ネコカリシウイルス
・ロタウイルス
・アヒルB型肝炎ウイルス
・BVDV(牛ウイルス性下痢ウイルス)

菌種

・カンピロバクター
・黄色ブドウ球菌
・サルモネラ菌
・大腸菌
・緑膿菌
・芽胞菌 >> 枯草菌
・レジオネラ菌
・真菌 >> ・クロカビ ・クロコウジカビ ・アオカビ ・ツチアオカビ ・カンジダ